福井県のITコンサルティング会社

新着情報

ITUユースサミット日本チームとルワンダICT教育意見交換会を開催

ITコンサルティングとアフリカビジネスを行う株式会社ict4e(代表:原 秀一、所在地:福井県福井市)は、ITUユースサミット日本チームのみなさんに、東アフリカのICT教育について話しました。 概要 ITUユースサミットは、2022年6月2日から6月4日にルワンダのキガリで開催された若者を対象としたイベントで、途上国への技術支援やICT教育などを通じた包摂的な社会の実現等がテーマになったディスカッション、グループワークなどが盛りだくさんのイベントです。弊社がルワンダで行った子供たちへのワークショップや現地視察ツアーでの取り組みが、今回のITUユースサミットのテーマに沿うのではということで、今回、アフリカへの出発前に意見交換会開催となりました。 ITUユースサミット日本チームは、企業、大学、政府関係者で構成されています。 様子 最初に、代表の原から現地の小中学校のICT教育やデジタルデバイドについて、お伝えしました。 ルワンダの道路は、キガリ中心部は舗装され整備されているが、少しメインから離れれば舗装されていないでこぼこの道が簡単に現われる状況です。デジタルデバイドの課題も近いところがあり、五万円を超えるスマホを日常使いできる人がいる反面、五千円のスマホも売っていたり、それも買えない人がいたりと、すそ野が広いことが語られました。 次に、説明を受けて、チームの皆さんからは次のような質問が出ました。 現地で開いたプログラミング教室で、キーボードを打てない子にはどういった進め方をしたのか? ルワンダのITってなにか特徴はある? ITの普及において、親御さんがPCを換金してしまうという話を聞いたことがあるが、ルワンダではどうか? これらの質問のうち、ルワンダのITの特徴については、政府か民間かで特徴を分け、次のことが説明がされました。 政府機関は、行政手続きのワンストップシステムなどを手早くつくって出している 民間では、欧米からのオフショア開発を受けている高品質のソフトウェアを作る会社もある 最後に ITUユースサミット日本チームのみなさんは、5Gの研究をされていたり、プログラミング教育やデジタルデバイドについて興味がある方たちで、ルワンダのICTの状況を真剣に、時に楽しそうに聞いていただけました。今回の話がルワンダでのイベント参加の一助になり、現地で多くの刺激を受け、それを今後の活躍に活かしもらえたら幸いです。

[ 続きを読む ]

昨年度の弊社インターンシップ生がアフリカで起業しました

ITコンサルティングとアフリカビジネスを行う株式会社ict4e(福井県福井市、代表:原 秀一)で、昨年インターンシップを行ったビドさんが、故郷のベナンでAWANUTECH&CONSULTINGを立ち上げました。AWANUTECH&CONSULTINGでは、現地の子供たちへのプログラミング教育事業をメインに、企業向けのDX事業やビジネスコンサルタントサービスも提供してく予定です。 社名について 社名の由来について、ビドさんは次のように語ってくれました。 「AWANU」は、ベナンのフォン語で「ありがとう」という意味の言葉です。この社名を通して、生徒やその親御さん、そして顧客からの感謝の顔、幸せな顔を私たちのサービスで見たい私たちのサービスで見たいのです。 また、日本の文化では「ありがとう」という言葉はとても礼儀正しく、生活習慣にもなっています。私たちもそこからヒントを得ています。 インターンシップ時の様子 インターンシップ当時から起業計画をたてていたビドさんは、IchigoJamとカムロボを使って学んだICTやロボティクスの楽しさをベナンの子供たちに届けることをビジョンとして語ってくれていました。また、鯖江市にあるHana道場を訪問した時には、代表の竹部さんへの質問がたくさんあがり、ベナンに戻ってからの起業の熱意を感じました。 これからのビドさんの活躍に期待です!

[ 続きを読む ]

第1回CyberSakura決勝ラウンド開催、優勝チームが決まりました

ict4e(代表:原 秀一、所在地:福井県福井市)が技術支援しているCyberSakuraの第1回CyberSakuraの決勝ラウンドが、2022年3月26日(土)に福井県鯖江市で開催されました。決勝では、予選ラウンドを勝ち抜いた上位3チームが集いました。 決勝について 予選はオンラインで行われてきましたが、決勝では同じ会場に集まり、同時に競技を行います。競技は、チーム戦で、各チーム毎に、仮想環境で用意された課題Ubuntu 2種類(難易度:中、高)に取り組みます。制限時間の3時間30分内にセキュリティの脆弱性を発見し、それらを修正することで獲得するスコアを競います。 各チームにはコーチ・技術メンターがついていますが、競技中の助言は禁止されています。時間配分や役割分担などを自身で決定しながら、チームメンバーのみで競技に挑みます。 会場の様子 会場内には仕切りが設けられ、各チームに競技スペースが与えられます。同じ空間で相手チーム存在を感じながら競技するのは、この決勝戦が初めての経験となります。参加者はおのおのの競技スペースに、課題パソコン、支援デバイス、そして大量のお菓子を準備。開始の合図とともに、一斉にパソコンに向かいました。今回はスコア非公開で、途中アナウンスという形で進行を行いました。 前半は、Shibuya Squadが1位のスコアで通過。VMが起動しなくなった福籠がスコアを落とし、運営不備の影響を受けた、たけのこが3位という状態で終えました。 中盤には、福籠が Kernel Panic に直面し、VMをゼロから再開をやむなく選択。一度クリアした課題を、またゼロから取り組み巻き返しを行っていきました。 後半は、いずれも、予選を勝ち抜いたチームそれぞれのスタイルで課題に取り組み、それぞれがベストを尽くしていました。 結果 奈良県の奈良工業高等専門学校のチーム「たけのこ」が初優勝を飾りました。(スコアは 2VM合計200点満点中) 第一位:たけのこ / 奈良工業高等専門学校(奈良) , スコア 112 第二位:チーム福籠 / 武蔵高等学校中学校(東京) , スコア 86 第三位:Shibuya Squad / 渋谷教育学園渋谷中学校(東京), スコア 68 決勝の3チームの皆さん、また予選参加24チームの皆さん、ご参加ありがとうございました。また、各チームを支えていただいたコーチ・技術メンター・チームアシスタントの方々のご支援感謝いたします。 また第2回でも、福井県鯖江市の会場にて、皆さんと再開できる事を楽しみに、次回に向けて準備を行っていきます。 関連情報 CyberSakura公式サイト:第1回CyberSakura決勝ラウンド最終結果 奈良工業高等専門学校 情報工学科:第1回CyberSakura決勝ラウンドで優勝しました きらきら星のつぶやき☆鯖江モデルを全国へ:予選ラウンドの上位3チーム中高生が鯖江に集結!第1回CyberSakura決勝ラウンド開催。 ict4eブログ:第1回CyberSakura決勝ラウンドが開催されます

[ 続きを読む ]

第1回CyberSakura決勝ラウンドが開催されます

ict4e(代表:原 秀一、所在地:福井県福井市)が技術支援しているCyberSakuraの第1回CyberSakuraの決勝ラウンドが、2022年3月26日(土)に福井県鯖江市で開催されます。 CyberSakuraとは CyberSakuraは、未来のサイバーセキュリティ分野を担う人材育成目的にした教育プログラムです。 「CyberPatriot」が全世界に教育プログラムとして提供している実技形式の競技会を、2021年度から日本の中高生向けに実施するものであり、仮想環境でセキュリティの脆弱性を発見・修正すること等で獲得するスコアを競います。 第1回CyberSakura決勝ラウンドについて 全国の24チーム90名の中高生が参加した予選ラウンドを勝ち抜いた上位3チームが出場します。日本での開催初となる今回、この決勝で国内ナンバーワンのチームが決定します。 日時:2022年3月26日(土)13時〜 会場:福井県鯖江市 出場チーム: チーム福籠 / 武蔵高等学校中学校(東京) たけのこ / 奈良工業高等専門学校(奈良) Shibuya Squad / 渋谷教育学園渋谷中学校(東京) ※新型コロナウイルス感染症対策のため、関係者のみで開催します。 CyberPatriotとは CyberPatriotは、米空軍協会AFAが2009年に開始したサイバーセキュリティ教育プログラムです。第12回大会(2019年度)では6,760チーム、25,000人以上の中高生が参加する世界最大規模のサイバーセキュリティ教育プログラムとなっています。アメリカをはじめ、イギリス、カナダ、サウジアラビア、オーストラリアでも開催されています。そして2021年度、非英語圏の国として日本での初開催が決まりました。

[ 続きを読む ]

【レポート】総務省主催の「体験してみよう!セキュリティエンジニアの世界」を企画運営しました

総務省北陸総合通信局(局⻑:蒲生 孝、所在地:⽯川県⾦沢市)主催、株式会社ict4e(代表:原 秀一、所在地:福井県福井市)が企画運営する「体験してみよう!セキュリティエンジニアの世界」を、2022年1⽉29⽇(⼟)に福井県鯖江市の鯖江公民館にて開催しました。 内容 今回のイベントは、講演とCTF(Capture The Flag)ワークショップの二部構成で行われました。若年層を対象に、一線で働くセキュリティエンジニアやデジタル人材育成の第一人者の講話を聞き、セキュリティエンジニアのキャリアパスについて理解するとともに、CTFを通じてサイバーセキュリティに興味を持ってもらうことを目的としています。 新型コロナウイルス感染症の影響で、講演のお二人はZoomでの登壇。また、参加者の一部の来場が叶わなかったことから、急遽YouTubeライブでのオンライン参加も可能にして行いました。 講演の様子   最初に、丹 康雄先生(国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学 教授)の講演があり、情報セキュリティの世界は魔術が飛び交うおもしろいところだということ、魔術を作ったのは人間なのできちんと学べばしくみについて知ることができること、悪いことをさせないためにしくみについての知識が必要なこと、が語られました。 続いて、川口 洋さん(株式会社川口設計 代表取締役)の講演があり、最初に、セキュリティの入り口としておすすめのマンガが紹介されました。セキュリティエンジニアの面白いところとして、「正義の味方になれる」「男性女性理系文系も関係ない」「正直、給料もいい」ことの3つが挙げられました。 最後の質問コーナーでは、会場から寄せられたいくつかの質問にお二人が答えました。その中のひとつ、「セキュリティエンジニアに向いているのはどんな人ですか。」という問いには、お二方共に「正義感」というキーワードが挙げられ、正しく力を使える素養や何かを守りたい気持ちが大事なことが伝えられました。 CTFワークショップの様子 最初に、運営スタッフより「ワークショップの導入と説明」があり、画面の操作方法とアイスブレイクとしてQRコードを使った問題が説明されました。バラバラになったQRコードを復元して解く問題は、パズルとスマートフォンという親しみやすい題材とあって、チームで楽しそうに取り組んでいました。 休憩を挟んでCTFワークショップの開始。講師は、斉藤 徹先生(福井工業高等専門学校 電子情報工学科教授)です。問題は「ステージ1」「ステージ2」「ステージ3」「エクストラステージ」の4つのステージに分けられていて、難易度が高いほど高得点です。ヒントを見ると、解くのに必要なキーワードなどが書かれていて、見ると得点が少しマイナスされる問題も用意しました。ですが、キーワードを検索することで、知らなかった知識を学習しながら取り組むことができるようになっています。 問題のひとつ、ステージ1の「画像から、写真を撮った機種名の情報を探す」問題では、デジタル機器で撮影した写真には「いつ・どこで・どんな設定」で撮影したのかがわかるExif情報が付与されていることが知識として必要です。Exif情報にあるデバイスの項目から、回答が見つけられるようになっています。 斉藤 徹先生から適宜、解説やセキュリティの時事ネタが話される中、みなさん黙々と課題にチャレンジしていました。 CTFワークショップ入賞者 スコアトップ3の入賞者はこちらです。 第一位 福井県立科学技術高等学校 情報工学科に通うお二人が、オンライン参加の中トップを獲得しました。 放課後の教室で第四位のチームと一緒に笑顔で撮った一枚! 福島 晴斗さん(福井県立科学技術高等学校 情報工学科) 中嶋 望天さん(福井県立科学技術高等学校 情報工学科) 第二位 会場参加の、社会人のお二人です。学生優先のイベントですが、今回は定員に余裕があったため参加いただきました。 ステージの上で喜びの一枚! 松嶌 浩さん 篭谷 隆弘さん 第三位 鯖江市にあるHana道場で、プログラミングを勉強している彼が、こちらもオンライン参加の中、第三位を獲得しました。 Hana道場にて頼もしく決めてくれた一枚! 星野 泰誓さん(越前市立武生第三中学校) 急遽オンライン参加となった人が半分いて、スタッフのサポートが受けられない中での開催となりましたが、上位6チームが500満点中300点越えとなり、すばらしい結果となりました。

[ 続きを読む ]

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社では下記の期間につきまして年末年始休業とさせていただきます。 期間:2021年12月29日(水)〜2022年1月3日(月) 期間中にいただきましたご連絡等につきましては、休業明け、順次ご返答いたします。 ご不便ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

[ 続きを読む ]

【締切ました】「体験してみよう!セキュリティエンジニアの世界」の申込みを開始しました

総務省北陸総合通信局(局⻑:蒲生 孝、所在地:⽯川県⾦沢市)主催、株式会社ict4e(代表:原 秀一、所在地:福井県福井市)企画運営する「体験してみよう!セキュリティエンジニアの世界」を、2022年1⽉29⽇(⼟)に福井県鯖江市の鯖江公民館にて開催いたします。 詳細は、こちらをご覧ください。

[ 続きを読む ]

【レポート】福井大学のリカレント教育推進事業で『サイバーセキュリティ基礎』を担当しました

ITコンサルティングとアフリカビジネスを行う株式会社ict4e(福井県福井市、代表:原 秀一)は、福井大学のリカレント教育推進事業で『サイバーセキュリティ基礎』の講座を担当しました。 CTFとは CTF(Capture The Flag)とは、サイバーセキュリティのスキルを用いて、課題の中から隠された答えとなるFLAGを見つけ出し、得点を稼ぐ競技です。ゲームのように楽しみながらサイバーセキュリティを学び、実践的なスキルを身につけることができます。 内容 今回は、2時間×4日間の日程で2クラスを担当しました。2ヶ月コースの導入部分に用意された講座のため、専門性を確認するのではなく、サイバーセキュリティの範囲を知ってもらうという趣旨で選定、ハンズオンなども交えて実施しました。 講座で取り上げた項目は以下の通りです。 1日目:CTF入門、初級1 HTMLソース ドメイン名 暗号技術 画像ファイル形式 IPアドレス 2日目:初級2、初級3 ZIPファイル ハッシュ 拡張子 ヘッダー情報 クッキー SQLインジェクション 3日目:OSとコマンド インターネットの仕組みハンズオン Ubuntu OSを使う、リモート接続、shellの紹介 4日目:コマンドを使う コマンド ポート番号 参加者の様子 全4回の講座を通して過半数を超える方がCTFを「大変楽しめた」とアンケートに回答してくださいました。 楽しかったという感想や・・・ 講座を受ける前はサイバーセキュリティがとっつきにくいイメージがあったが、楽しく学ぶことができた コマンドを操作してファイルを確認するのはエンジニアっぽくて楽しかった 普段の生活では使用しないようなものもゲーム間隔で楽しむことが出来て非常によかった 難しかったという声も頂きましたが、もっと勉強したいという嬉しい感想も!! ファイル系の探し方が理解が難しいです 足りない知識は、参考の書籍で勉強していきます 覚えておくと役に立ちそうなものがたくさんあったのでしっかり復習して定着させようと思います 最初は慣れないサイバーセキュリティの問題に戸惑う方も多かったですが、実際に手を動かしながら学んでゆくCTFを通して、サイバーセキュリティへの興味関心が高まったようです。

[ 続きを読む ]

【レポート】アフリカ人留学生のインターンシップを実施しました

ITコンサルティングとアフリカビジネスを行う株式会社ict4e(福井県福井市、代表:原 秀一)では、アフリカ人留学生二名の企業インターンシップの受け入れを行いました。今回受け入れた留学生は、同ABEイニシアティブのプログラムより来日して二年間に渡り日本の大学で学んでいた(いる)学生のビドさんとアワさんです。ビドさんは三週間、アワさんは一週間の日程です。今回は二人の一週目の取り組みを紹介します。 IchigoDakeのはんだ付け 初日は、IchigoDakeのはんだ付けに挑戦。はんだが綺麗な山型になるようにトライしました。完成したIchigoDakeを、IchigoDyhookに差し込んでプログラミングしていきます。IchigoDyhookは、IchigoDakeでプログラミングを学習する際に必要なキーボードやモニターをひとまとめにした機器です。また、IchigoDakeは完成させたプログラミングを持ち歩くことができるとてもコンパクトなパソコンです。 カムロボの作成・プログラミング 次にカムロボ(IchigoDake対応版)の組み立てを行いました。カムロボは、ロボットの組み立てキットです。ギアボックスの組み立ては二人とも苦戦しましたが、何度も説明書を確認しながら、無事組み立てることができました。アワさんは大学で水中ロボットを制作したこともあるので、カムロボの組み立ても得意な様子です。センサーを取り付けたら、次はIchigoDyhookでプログラミング。できあがったプログラミングを保存したIchigoDakeをカムロボに差し込みます。最後には、カムロボを前に走らせて、壁を見つけたら止まる動きを完成させました。 Hana道場を訪問 三日目は、鯖江市にあるHana道場を訪問。前半は道場の紹介をプレゼンテーションしていただきました。質問コーナーでは、非常に多くの質問が飛び交いました。子供を対象としたプログラミング教育への関心がある二人ですが、幅広い年代が集い修行しあうHana道場の様子に驚いていました。 後半は、LEDサイコロとすごろく作りのプログラミングに挑戦しました。ビドさんはプログラミングが得意なので、サイコロ作りもサクサク進んでいました。 教育プログラムを体験 2018のインターンシップ生:エメカさんによってケニアで立ち上げられたIchigoJamを使った教育プログラムを体験しました。先輩インターンシップ生の立ち上げた事業の紹介とあって二人ともとても真剣です。 まとめのプレゼンテーションの実施 五日目には、一週間のまとめのプレゼンテーションを行いました。母国の紹介では、それぞれの国の特徴をたくさんの写真で紹介してくれました。 アワさんは、もっと時間があれば子供向けに実施されているプログラミング教育の内容について深く知りたかったと感想を話してくれました。また、ビドさんはIchigoJamはとてもシンプルにプログラミングできるので、ベナン共和国の子供たちにも受け入れられるだろうと語ってくれました。

[ 続きを読む ]

アフリカ人留学生のインターンシップを実施します

ITコンサルティングとアフリカビジネスを行う株式会社ict4e(福井県福井市、代表:原 秀一)では、アフリカ人留学生二名の企業インターンシップの受け入れを8月23日より9月11日の間で、最大20日間の日程で行います。 ABEイニシアティブ(アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ)は、アフリカの産業人材育成と日本企業のアフリカビジネスをサポートする「水先案内人」の育成を目的として、アフリカの若者を日本に招き、日本の大学での修士号取得と日本企業などでのインターンシップの機会を提供するプログラムです。今回受け入れる留学生は、同ABEイニシアティブのプログラムより来日して2年間に渡り日本の大学で学んでいた(いる)学生のビドさんとアワさんです。 二人にはこのインターンシップを通して、福井県について知ってもらい、持ち歩き可能な小型パソコンIchigoDakeやカムロボを使ってプログラミングを体験してもらいます。なお、インターンシップは下記の新型コロナウイルス感染症の対策を徹底した上で実施いたします。 日程 修了時インターンシップ ビドセスィ エマニュエル アゴス(Bidossessi Emmanuel AGOSSOU) 神戸情報大学院大学 情報工学専攻 ベナン共和国出身 8月23日(月)~9月11日(土) 夏期インターンシップ アワ テンデ(Awa TENDENG) 香川大学 知能機械システム工学専攻 セネガル共和国出身 8月23日(月)~8月27日(金) インターンシップ詳細 IchigoDakeのはんだ付 IchigoDyhookでプログラミング カムロボの作成(IchigoDake搭載バージョン) カムロボをIchigoDyhookでプログラミングして動かす 2018のインターンシップ生:エメカさんによってケニアで立ち上げられたIchigoJamを使った教育プログラムの実施 新型コロナウイルス感染症の対策について 来県前のPCR検査 留学生二名、及び県外在住で福井県に移動をしてくる人全員に対し実施 初日出社日の抗原検査 留学生二名、及び関係者全員に対し実施 毎朝の体温検査、健康観察 留学生二名、及び関係者全員に対して実施 マスクの着用 出社時の石鹸による手洗い・消毒・うがいの実施 換気の実施 サーキュレーター2台による空気の循環 換気扇と加湿空気清浄機の常時稼働 密集の回避 事務所内滞在最大4名まで 密接の回避 手が届く範囲での会話や発声を避ける

[ 続きを読む ]